HOME > みんなの智恵の和 > 子供に「生きる力」を学んでもらうためのマネー教育(おこづかいプログラム)

子供に「生きる力」を学んでもらうためのマネー教育(おこづかいプログラム)

皆さんのお家では、お子さんにどんなふうにお小遣いをあげますか?
使用目的などをはっきりさせていますか?

61DEyafCeXL._SL160_

単純にお小遣いをどんなふうにあげたらよいか迷ったので、
参考のために手に取った本でしたが、もっともっと深いことがいろいろ書かれていて大変参考になりましたので紹介します。

前半は、この本を参考にお小遣いプログラムを実践してみよう。ということで具体的なメソッドが紹介されています。
一章はまんがで、そのまま子供が読んでも分かるように書いてあります。
後半はさらに深くその目的やプログラムの意味合いについて解説されています。

・一人一人に必要な金額を書き出してみる。
・お小遣いの目的をはっきりさせる。
・一旦渡したお小遣いの使い道に口を出さない。
・短期的、長期的貯金もふくめ、ある程度裁量を任せる。
・子供側にも家族の一員としての「役割」「責任」を果たしてもらうことを理解してもらう。(一つお手伝いしたらその対価がいくら、という事ではない。)

などなど・・・
独立したときにお金の使い方に困らないため、ひいては自立、人生計画に役だつマネー教育、そんなことが書かれています。

第一章はまんがで、そのまま子供が読んでも分かるように書いてあり、
ちょうどわが家でも新年度から始めようと思っています。

実践してみて、またよい報告ができたらいいな~